年金受給資格期間の短縮

年金受給資格期間の短縮

年金の受給資格を得るのに必要な保険料納付期間が10年に短縮する法案が政府決定されました。
国会で成立後、これまで25年の保険料納付期間が必要だったのが、10年と大幅に短縮させることによって年金の受け取れる方が 増加する見込みです。
さらなる財源確保という課題はあるにせよ、無年金を減らすということで、一定の評価はできる改革だと思います。